住所

香川県丸亀市土器町7-866

足先による末梢神経麻痺度検査装置

投稿日:2017-03-27 更新日:

神経の麻痺は体の末端ほど影響がはっきり出ます。特に足先は顕著に出ます。

  • 右図のように測定器の4つの突起物が足の指の付け根に当たるよう足を置きます。
  • タッチパネルの指示通り操作し、測定ボタンを押せば4つの突起物が振動します。振動する順番のパターンを画面から一致するものを選びます。(パターンはランダムに変化します)
  • 正解率が60%を超えると強度を下げ、以下だと強度を上げます。
  • これを繰り返し、自分の振動を感じる限界の値を見つけます。
  • その値で神経の麻痺度とします。
  • 食養生、運動、薬などで変化するか監視するのも有効な手段です。

Copyright© 株式会社 エスシーエー , 2020 AllRights Reserved.